您好,歡迎來到本站! 今天是:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
 
 
 
 
 

★所有日語語法都在這里

字體:

1.~ます、~ました、~ません、~ませんでした、動詞+ます、名詞、形容詞+です
2.名詞(時)+に
在表示時間的名詞后面接助詞“に”,表示動作進行的時間不以數字表示的時間不用接“に”。
注意:助詞“に”后面必須接動詞,不能直接接“です”。
3.名(場所)+ヘ 行きます     去~
         來ます     來到~
         帰ります     回~
 當謂語表示向某一地點移動的動詞時,用表示場所的名詞接助詞“ヘ”來表示其移動的方向。
4.疑問詞+も ~ません
  表示全面否定疑問詞代表范圍內的事物。
 疑問詞:どこ(ヘ)、だれ、なに等
5.名詞+を+他動詞
 助詞“を”表示他動詞得目的或對象。
6.名(場所)+で
  表示動作的場所。
7.“なん”和“なに”
(1)     后面所接單詞的第一個發音為“た”、“だ”、“な”行時,用“なん”
(2)     后面接量詞或相當于量詞的詞匯時,用“なん”
(3)     除(1)、(2)外,用“なに”
8.動詞+ませんか
9.動詞+ましょう
 在積極勸誘及邀請積極響應時使用。
 例:ロビーで休みましょう。
10.名(工具、手段)+で
表示動作的手段和方法。
例:はしでごはんを食べます。
11.名(交通工具)+で     乘~
表示交通手段和方法。
例:電車で行きます。
12.(1)名(人、公司、國家等)+に+名+を あげます     給~
                      貸します     借~
                      書きます     給~寫~
                      かけます等     給~打~
表示給與對方~。
例:會社に電話をかけます。
(2)名(人、公司、國家等)+に     +名+を     習います         從~學習~
               から             もらいます等     從~得到~
表示事物及信息的出處。
例:わたしは會社から時計をもらいました。
13.もう:表示“已經~”的意思。
  まだ:表示“還沒有~”的意思。
注意:“まだ”的句子謂語不能使用表示過去了的事情的動詞。
14.い形容詞(い形)
全部以“い”結束(“い”前面音節為“あ段”、“い段”、“う段”、“え段”、“お段”的音)
15.な形容詞(な形)
以“い”以外的音,或“え段”的音加“い”結束。
例:靜かな、有名な、きれいな、嫌いな
16.形容詞做謂語的用法
(1)     非過去肯定:
“い形”不發生詞尾變化,“な形”省略“な”。
(2)     非過去否定:
“い形”去“い”變“く”+ない     注:いい→よく
“な形”將“です”變為“ではありません”
17.あまり~ません(否定):不太~
注:“あまり”只能用在否定句中。
例:お酒をあまり飲みません。
18.(~は)どうですか:~怎么樣?
19.どんな+名詞:~怎么樣?
20.~が、~:~,但~
例:日本の食べ物はおいしいですが、高いです。
21.そして:而且
用于連接句子。
例:木村さんはきれいな人です。そしてたいへん親切です。
22.どんな+名詞:從某一類事物中選擇一個
例:どんなスポーツが好きですか。
23.名詞1+は 名詞2+が 好きです         名詞1     喜歡         名詞2
嫌いです               不喜歡
上手です             做得不錯
下手です               做得不好
欲しいです               想要
あります               有(物)
います               有(人)
わかります               懂
できます               會
要ります               要
謂語:(1)敘述說話者的嗜好、欲望等心理動態的詞
(2)就能力進行評價的詞
(3)就所有進行陳述的詞
24.全然~ません(否定):完全不~
注意:“全然”只能用在否定句中。
例:漢字が全然わかりません。
25.句、詞組(陳述理由的)+から:因為~,所以~
例:おなかが痛いですから、何も食べません
用于沒有生命的物體、或雖有生命但本身不會運動的物體的存在。
います:有~
用于人及動物等有生命、且本身可以活動的生命體的存在。
27.名(場所)+に
表示物或人存在的場所。
例:事務所に田中さんがいます。
28.名詞1 に 名詞2+が あります:在名詞1有名詞2
います
如實描寫情景等所見的事實。
例:ロビーにテレビがあります。
29.名詞1+は 名詞2?。恕·ⅳ轆蓼梗好? 在 名詞2
               います
陳述某件物品或人等存在的場所。
例:本は機の上にあります。
30.名詞1+は 名詞2?。恕·ⅳ轆蓼?    可以用:名詞1は名詞2です。
               います
例:ラオさんは部屋にいます。=ラオさんは部屋です。
注意:表示場所的名詞(桌上、房間)后不用“に”。
31.名+や+名:~和~(等)
用于從許多事物中選擇2、3件代表性的事物進行敘述。
例:機の上に本やペンがあります。
32.名詞+だけ:只,只是
用于限定事物數量、范圍及程度。
例:國で3週間だけ日本語を勉強しました。
33.どのくらい(どのぐらい)
廣泛用于詢問金額、量、數等場合。
例:東京から京都までどのくらいかかりますか。
34.~です、~でした、~ではありません、~ではありませんでした
35.“い形”的時態:
過去時:去“い”
非過去否定:去“い”變“く”+ない
過去否定:去“い”變“く”+なかった
36.比較:
(1)     兩者之間的比較:
a.     名詞1+は 名詞2 +より い形 です:名詞1比名詞2~
               な形
以名詞2為標準,對名詞1的性質、狀態進行評述。
例:東京は大阪より大きいです。
   ?。猓秸嘸潯冉暇淶奈視氪?br/>I.     問:
名詞1+と 名詞2+と、どちらが い形 ですか:名詞1和名詞2哪一個~?
                     な形
兩者間比較的場合,都用“どちら”。
例:肉と魚と、どちらが好きですか。
II.     答:
名詞1/名詞2+の ほうが い形 です:還是~
             な形
例:飛行機のほうが速いです。
(2)     從一個類別中挑選一件事物:
名詞[の中]で 何  が いちばん い形 ですか:表示在~之中 什么     最~
       どこ        な形               哪里
       だれ                             誰
       いつ                             什么時候
37.名+が 欲しいです:想要~
38.名+を 動―ます形 +たいです:想做~
“ます形”指:去掉“ます”后的形式。
例:魚を食べたいです。
過去式:ます形”+たかったです
否定式:“ます形”+たくないです
過去否定式:“ます形”+たくなかったです
39.“ます形”+に 行きます:     去     做~
          來ます:     來
          帰ります     回來
例:デパートへ靴を買いに行きます。
40.~に?。∪毪轆蓼梗罕硎鏡醬锏牡氐?。
       仱轆蓼筡
例:部屋に入ります。
41.を?。〕訾蓼梗罕硎徑韉鈉鸕?、出發點。
      降ります
例:部屋を出ます。
42.動作的分類,可分為三類:
(1)     第一類動詞(五段動詞)
“う”段變“い”段音節接“ます”。
(2)     第二類動詞(上一段、下一段動詞)
以“え”段音節(下一段)和少數“い”段音節(上一段)接“ます”。
(3)     第三類動詞(變、變動詞)
する→します(サ變)     來る(くる)→ 來ます(きます)
43.“て”形變化
(1)     第二類動詞和第三類動詞
去“ます”+“て”
(2)     第一類動詞
a.     書きます→ 書いて、 聞きます→ 聞いて、 行きます→ 行って、
急ぎます→ 急いで、 働きます→ 働いて
b.     飲みます→ 飲んで、 読みます→ 読んで、 呼びます→ 呼んで
c.     降ります→ 降って、 帰ります→ 帰って、 あります→ あって、
買います→ 買って、 吸います→ 吸って、 言います→ 言って
d.     話します→ 話して、 貸します→ 貸して
44.“て”形+ください:請~
例:辭書を貸しでください。
45.“て”形+います:正在做~
例:ラオさんは今テレビを見ています。
46.“ます” 形+ましょうか:表示想幫助對方的意思。
例:タクシーを呼びましょうか。
47.“て”形+も いいです:可以~
例:たばこを吸ってもいいですか。
いいえ、いけません。         含有禁止、命令的意思。
いいえ、ちょっと(困ります)。     比較委婉。
48.“て”形+います
(1)     某一動作進行后的結果尚存在。
(2)     長期反復進行同一動作
例:わたしは自動車の會社で働いています。
49.知っています、知りません
50.連接句子:
(1)     動詞句:
“て”形、“て”形、~:做~,做~
句子的時態由最后一個動作的時態決定。
例:きのう銀座へ行って、友達に會って、映畫を見ました。
(2)     “い”形句:
去“い”+くて、~:又~,又~
例:東京は人が多くて、にぎやかです。
(3)     名詞句、“な”形句:
名詞     + で、~:是~,是~;既~,又~
“な”形
例:リーさんはきれいで、たいへん親切です。
注:只需將“です”變為“で”即可。
注:
(1)     可接續不同主題的句子。
例:王さんはインド人で、木村さんは日本人です。
(2)     與“そして”一樣,不能連接相反概念的詞。如需用,可用“が”。
例:この部屋は狹いですが、きれいです。
51.“て”形+から、動詞2:~之后,~
表示一個動作結束后,繼續第二個動作。
例:仕事が終わってから、すぐうちヘ帰ります。
52.“ない”形:在活用形中不包括“ない”
(1)     第一類動詞
將“い”段變為“あ”段+ない
読む→ 読みます→ 読まない
(2)     第二類動詞
食べる→ 食べます→ 食べない
(3)     第三類動詞
する→ します→ しない、 くる→ きます→ こない
53.“ない”形+ないでください:請不要~
例:寫真を撮らないでください。
54.“ない”形+なければなりません:應該~(必須~)
注: 沒有否定意義。
例:毎日勉強しなければなりません。
  毎朝7時に起きなければなりません。
55.“ない”形+なくても いいです:不……也可以
例:土曜日の午後勉強しなくてもいいです。
56.までに:表示動作、作用最終進行的時限。
例:夜12時までにセンターへ帰らなければなりません。
57.辭書形即動詞基本形。
58.名詞     ?。·扦蓼梗夯帷?,可以~
辭書形+こと
できます:
(1)     能力:王さんは漢字を読むことができます。
(2)     可能:受付でタクシーを呼ぶことができます。
例:日本語ができます。
59.趣味は 名詞     です:愛好是~
     辭書形+こと
例:わたしの趣味は絵を見ることです。
60.辭書形
名詞+の まえに、~:在~之前~
數量詞
注:表示時間的“まえに”前接動詞時,應用辭書形。
例:実習するまえに、日本語を勉強します。
會議のまえに、ちょっと事務所へ來てください。
3年まえに結婚しました。
61.“た”形
將動詞“て”形中的“て”→“た”,“で”→“だ”
聞いて→聞いた、飲んで→飲んだ
62.“た”形+ことがあります:(以前)做過~
例:日本料理を食べたことがあります。
63.“た”形+り、“た”形+りします:又~,又~
例:日曜日買い物したり、映畫を見たりします。
64.名詞     +に
“な”形          ?。勝轆蓼梗撼晌?br/>“い”形(去“い”為“く”)
例:寒くなります
65.普通形句子+と 思います:想~,覺得~,認為~
(1)     推量:注“思います”本身不做否定表現,由普通體部分進行否定。
例:奧さんはセンターにいないと思います。
(2)     陳述意見:
   例:日本はほんとうに技術が進んでいると思います。
66.普通體句子+と 言いました
67.“な”形的普通體:
非過去肯定:+だ
非過去否定:+ではない
過去肯定:+だった
過去否定:+ではなかった
68.?思います、言いました?和?そう、どう?一起使用時,省去助詞“と”
例:日本についてどう思いますか。
69.~でしょう:希望別人當然知道該事而給以贊同。
例:土曜日センターでパーティーがあるでしょう。
  はい、あります。
70.普通體句+名詞
例:王さんが研修する會社
注:“の”僅限于名詞與名詞之間。
71.が:修飾句的主語不使用“は”,而用“が”
例:王さんが実習する會社は東京電気です。
72.修飾句
(1)     名詞+は 修飾句+名詞+です
例:これはわたしが撮った寫真です。
(2)     修飾句+名詞+は 名詞+です
例:先週見學した所は名古屋自動車です。
(3)     修飾句+名詞+は “な”形 です
            “い”形
例:きのう見た映畫はとてもおもしろかったです。
(4)     修飾句+名詞+を?。勝蓼?br/>           が
例:友達に會う約束があります。
73.動普通形
“い”形   ?。趣?、~:~的時候,~
“な”形+な
名詞+の
例:外國へ行くとき、パスポートが要ります。
暇なとき、テレビを見たり、本を読んだりします。
學生のとき、よくスキーに行きました。
忙しいとき、10時ごろまで働きます。
74.動辭書形     +と、~:一~,就~
“ない”+ない
注:“と”后面的句子不能使用意志、希望、勸誘、委托等表現。
例:この道をまっすぐ行くと、右に駅があります。
  日本語がわからないと、工場へ行って困ります。
75.名詞(場所)+を 動詞(移動動詞) 歩きます:走
                   渡ります:渡過
                   散歩します:散步
例:公園を散歩します。
   橋を渡ります。
76.授受動詞:
  あげる(給某人~)、もらう(從~得到)、くれる(給[我]~)
名詞+を くれます:給我~
例:わたしは王さんにシャツをあげました。
  田中さんはわたしに紙をくれました。
77.授受表現
(1)“て”形+あげます:為(人)做~
例:荷物を持ってあげましょうか。
わたしは木村さんに傘を貸してあげました。
(2)“て”形+もらいます:請(人)做~
例:わたしは鈴木さんに日本語を教えてもらいました。
(3)“て”形+くれます:給(我或我一方)做~
例:家內は(わたしに)こどもの寫真を送ってくれました。
78.動詞
“い”形 
普通形過去+ら、~:要是~,假如~
“な”形
名詞
例:雨が降ったら、ピクニックに行きません。
安かったら、ビデオを買います。
時間がなかったら、パーティーに行きません。
79.動詞-普通形過去+ら、~:一~,就~
表示以完成某一件事、動作、狀態為條件,開始下一個行為、動作或狀態。
例:晝ごはんを食べたら、すぐ行きます。
80.“て”形
“い”形+くて ?。?、~:即使~,也~
“な”形+で
名詞+で
例:日曜日でも、仕事をします。
高くても、このラジカセを買いたいです。
81.“もし”和“いくら”:
在“~たら、~”和“~ても、~”中,表明該句子為條件句。
例:もし雨が降ったら、ピクニックに行きません。
  いくら高くても、このラジカセを買いたいです。
82.“た”形+けれども、~:雖然~,但是~
83.動         普通形
“い”形                   +んです
“な”形     普通形去“だ”變“な”

注:“~んです”的普通形是“~んだ”
(1)     用于說者向聽者說明自己言行的理由及就對方的問話說明理由。
例:わたしはきのう會社を休みました。熱があったんです。
(2)     用于當場的狀況的說明。
例:今から出かけるんです。
(3)     用于強調句子的意思。
例:このりんごはほんとうにおいしいんですよ。
84.~んですか
(1)     說話人請求聽者就自己所見到、聽到的事情加以說明。
例:どのくらい勉強したんですか。
(2)     “どうして”詢問理由的疑問句及“どうした”請求說明事態的疑問句常用“~んです”。
例:どうしたんですか。
85.~んですが
把聽者引入說話人的話題,后接請求和勸誘的表達方式,或請求許可的表達方式。
例:時計を買いたいんですがどこで買うたらいいですか。
86.~てくださいませんか:能否請您給我~
例:掃除機の使い方を教えてくださいませんか。
87.疑問句(+助詞)+~たらいいですか:怎么~好
例:時間にまにあわないとき、どうしたらいいですか。
88.可能表達方式
(1)     第一類動詞(五段):將“う”段變為“え”段+ます
例:かきます→ かけます、 はなします→ はなせます
(2)     第二類動詞(一段):去“る”+られます
例:たべまず→ たべられます、 おきます→ おきられます
(3)     第三類動詞(サ)
例:きます→ こられます、 します→ できます
89.可能動詞的句子及意思:
(1)     能力
例:ナロンさんは漢字がよめます。
(2)     可能性
例:あの銀行でドルがかえられます。
注:在可能動詞的句子中,對象一般用“が”來表示。
90.表示對比的“は”
例:①きょうはいきませんが、あしたはいきます。
②お酒はのみますが、たばこはすいません。
注:“は”不能和“を”、“が”同時使用,“を”、“が”以外的助詞,在其后面加“は”。
③テレビはロビーにはありますが、部屋にはありません。
91.まだ~ません:尚未……
例:まだ書けません。
92.~しか~ません:僅(有)~;只(是)~
例:ローマ字しか書けません。
注:“しか”不能和“を”、“が”同時使用,想對數量少強調時,只能用“しか”不能用“だけ”。
93.なかなか~ません:怎么也~
例:ことばがなかなか覚えられません。
94.できます:除了“可能”的意思之外,還有“產生”、“完成”、“做完”、“被制作”等意思,其主體用“が”來表示。
例:駅の近くに大きいスーパーができました。
95.だれ、どこ、いつ     +でも: 誰、哪兒、什么時候, 都
  なん、どれ等         什么、哪個等,
例:困ったことがあったら、いつでも手紙を書いてください。
96.數量、時間+で:表示時間、數量等的范圍和限度。
例:この封筒は5枚で80円です。
97.ます形+ながら:一邊~,一邊~
例:お茶をみながら話しませんか。
98.~ています:表示個人的習慣性動作,多與“いつも”、“毎日”、“毎週”等副詞一起使用。
例:暇なとき、いつも音楽を聞いています。
99.普通形+し:
(1)     原因、理由有兩個以上的時候使用。
例:荷物が多いし、雨が降っているし、タクシーでかえります。
(2)     還包含有“更”、“而且”那樣的心情。
例:荷物も多いし、雨も降っているし、タクシーでかえります。
(3)     承接上文。
例:きょうは日曜日だし、天気もいいし、……
(4)     只陳述其中一個理由,但暗示還存在別的理由。
例:きょうはさむいし、どこも出かけません。
(5)     回答“どうして”的提問時。
例:A.どうしていつもこのスーパーで買い物するんですか。
 B.値段(ねだん)も安いし、それに品物(しなもの)も多いですから。
100.それに和それで
(1)     それに:用于在某種事情和情況的基礎再加上一種事情和狀況。
例:この花は色(いろ)がきれいです。それににおいもいいです。
(2)     それで:與“ですから”、“だから”的意思相近。
例:それで人が多いんですね。